きなりでDHA・EPA!国産原料の青魚油サプリメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

年齢を重ねと気になること。

何といっても健康です。

毎日の心がけを意識するようになりますよね。

日頃のこまめな積み重ねが大きな面倒な体の不調や生活習慣病を遠ざけることは皆さん身に染みておられることと思います。

青魚

具体的には食生活と運動習慣ですよね。

特に食事は健康のベース、食べるものによって体調も違ってきますし、食べ物によって体が作られることはいうまでもありません。

野菜不足。

ビタミンやミネラル、食物繊維、酵素。

このあたりは皆さん意識的に料理されて積極的に食べておられることでしょうね。

そしてとにかく不足しがちな栄養素がDHAとEPAです。

→ 最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント

現代人が必ずといっていいほど不足する栄養素、DHAとEPA。

皆さん一度や二度どころじゃないほど耳にされたことがあるかと思います。

青魚サプリメント

主に青魚に含有されると紹介される、いわゆる血液サラサラ成分です。

不飽和脂肪酸と呼ばれる、お肉の脂とは違う常温で固まらない性質の脂肪酸。

一方でお肉の脂は飽和脂肪酸と呼ばれ、常温で固まる性質のもの。血液ドロドロ成分といわれていますね。

お肉ばかりを食べていると、血が粘度が増すということです。

 

DHAとEPAが不足するとどうなるの?

お肉料理を頻繁に食べたり、魚をあまり食べないと、DHA・EPAが不足します。

コンビニのお弁当、スーパーの惣菜などを食生活の中心にすると、どうしてもお肉偏重の食生活になります。

例えば、スーパーなどの惣菜で魚料理を買って食べても調理されてからの時間など鮮度があまり良くないことが多いです。

その場合やっぱりあまり栄養素は期待できないですよね。

特にDHA・EPAは素材が新鮮であることがとても大切な酸化しやすい成分です。

 

DHA・EPAは、不足すると、コレステロール、中性脂肪、過酸化脂質、高脂血症といった年齢を重ねると気になる体の症状と直結しています。

要するに、ほとんどの生活習慣病や現代病のリスクが高まるということなんですね。

さらにDHAとEPAは、痴呆症の予防や記憶力の向上といった脳細胞の活性化にもつながることがわかっていますし、アレルギー症状の抑制との関係も指摘されています。

積極的に魚を食べようと実践されている人もいらっしゃると思います。

ですが、実際には一日に食べる料理からだけでは難しい現実があります。

例えば、青魚を意識的に毎日食べていたとしてもどうしても不足することが分かっています。

DHAとEPAの一日の推奨摂取量は、一グラム。

これは例えばマグロのお刺身に換算すると、700グラムになります。

ざっと7人前です。

いくら大好物でも難しいですよね。

栄養補助食品
(写真はイメージです。)

だからDHA・EPAのサプリメントがこんなに人気があるんですね。

栄養補助食品で食事で足りない分を補給されておられるんですね。

多くの方が上手くご活用、ご愛飲です。

 

きなりって?

きなりは今までにないほどの高濃度かつフレッシュなDHAを含有。118万袋突破の現在人気の青魚油サプリメント。

→ 最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント

さかなのプロの会社、マルハニチロとの共同開発商品。

4粒でDHA・EPAを500mg補給できます。

つまり一日の目標摂取量の半分をまかなえるということです。

純国産原料使用。鹿児島県山川港で水揚げされた国産カツオが100%使用されています。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞

特殊製法で魚臭さもブロック。

さらに納豆のサラサラパワーのナットウキナーゼを配合のダブルパワー。

リピート率9割以上!

初回特別価格

返金保証付きでまずはお試しできます!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*